小動物による被害を防ぐ|被害を与える生き物たち|人間の生活を脅かす鳩は早めに対策しよう

被害を与える生き物たち|人間の生活を脅かす鳩は早めに対策しよう

小動物による被害を防ぐ

罠

法に違反しないよう注意

農作物を食い荒らすという意味では、ニホンザルやシカなども害獣の一種と言えます。その一方で都市部でも、アライグマ・イタチ・ハクビシンなど、小動物が生活に被害を与えるケースが増えています。しかし害があるといっても鳥獣保護法や動物愛護法などで保護されていて、勝手に捕獲すると罰せられることがあります。いちいち駆除の許可を求めるのは面倒ですが、専門の害獣駆除業者に依頼すれば手間を省くことができます。害獣にもそれぞれの習性があり、駆除の方法も異なっています。人間の家は害獣にとっても住みやすく、何度追い出しても戻ってくることがあります。害獣駆除業者は害獣の生態を熟知しており、被害の再発を防げることから人気があります。

行政の支援も

近年では外来生物による被害が増加傾向にあり、多くの自治体では何らかの対策が立てられています。被害が深刻な地域では、申請すれば捕獲用の罠が貸し出されたり、害獣駆除業者の紹介を受けられたりする場合があります。また自治体によっては害獣駆除費用の助成を受けることができ、出費を抑えられるというメリットがあります。ただし害獣の種類が限られている場合もあるので、住んでいる自治体に確認を取る必要があります。害獣駆除は特に高齢者には負担が大きく、うかつに近寄ると噛まれたり引っかかれたりして、感染症をうつされる危険もあります。決して無理をせず、まずは行政に相談した上で、駆除業者の利用も検討することをお勧めします。