被害を与える生き物たち|人間の生活を脅かす鳩は早めに対策しよう

できるだけ早く

鳩

どんな被害があるか

いまや町のどこかしこでも見かける鳩ですが、人間の生活に深刻な被害をもたらすことがあります。もちろん人を襲うなどの凶暴性はほとんどありませんが、主な被害として糞害や騒音、そして食害などがあります。特に糞害は深刻で、臭気をばらまくだけでなく、病原菌が繁殖したり、金属を腐食させたりなど、生活に多大な被害をもたらすことになります。くわえて鳩はどこにでも棲家を作ります。たとえばビルのほんのわずかなスキマや、家屋の人気のないところなど、隙あらばいつの間にか住み着いています。さらに住みやすいところには仲間が徒党を組んでやってくるので、被害はますます大きくなってしまいます。ですからそうなる前に、早めの対策をする必要があります。

プロに任せると安心

では、個人が鳩を駆除することは可能なのでしょうか。その答えは否です。鳩を傷つけたり始末したりすると、鳥獣保護法という法律に抵触する可能性があるからです。なので鳩対策としてもっとも有効なのは、まず近づけさせないこと、すでに被害が出ているところでは追い払うことが対策となります。しかし鳩もなかなか賢いですから、生半可な対策では効果が見込めません。ですのでそういうときは鳩駆除の専門家に依頼すると良いでしょう。専門家はあらゆる状況に応じた対策を講じてくれますし、効果は覿面かつ長期間続きます。もちろん高いビルであっても、どんなに広い家屋であってもプロにまかせておけば安心です。鳩の被害が広がる前に、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

ハクビシン対策が可能

ハクビシン

ハクビシンは好物である果樹や野菜が豊富に手に入る場所に好んで住むため、しばしば住居の屋根裏などに侵入することがあります。ハクビシンが住み着くと屋根を傷める原因となるほか衛生環境も悪化します。そのためハクビシンが屋根裏に住み着いてしまった場合は専門店に依頼してハクビシン駆除を行うようにしましょう。

More Detail

群れで生活

シロアリ被害

シロアリの中でも羽アリは、4から6月ごろに見られます。近所でシロアリの被害があったら、この時期に被害が大きくなる可能性があります。駆除は自分でせず、業者に依頼しましょう。業者の薬剤は、市販品よりも効果があるとされています。

More Detail

小動物による被害を防ぐ

罠

最近では都市部でも害獣による被害が増えています。しかし勝手に捕獲すると罰せられることもあります。害獣を追い出し再発を防ぐには、専門の害獣駆除業者を利用するのが便利です。場合によっては費用の助成を受けられます。

More Detail